ダニ対策

ダニはどう対策する?

ダニ対策

 

 

ダニはアレルギーの原因にもなる良くない生き物です。
温度や湿度で活動の量が変わりますが、活発になったりならなかったりするということは、意図的に活発に動けない状態を作ることもできるということです。

 

ダニの性質を知ることで、ダニ刺されやアレルギーなどの対策をすることができます。
ダニが活発になる条件をご紹介しましょう。

 

 

季節の違い

ダニが好む条件はどのような状態のことを言うのでしょうか?
おそらく一般的に知られているのは、高い湿度と温度がそろっている状態でしょう。

 

具体的に表すと、湿度が60%、温度が27度程度で一番活発になると言われています。

 

つまり、季節でいうなら「梅雨から夏」が一番活性化しやすいということです。
この時期はダニが繁殖しやすいので特に対策が必要です。

 

部屋の空気の通りが悪かったりして、湿度が高いとダニは元気になります。

 

 

ダニが繁殖する条件

上記の条件はダニが活発になる条件であって、繁殖する条件はまた別にあります。
それは食べ物です。

 

どんな生き物でも食べ物が必要ですが、ダニはどんなものを食べているのでしょうか?

 

 

それは人の「フケ、垢、皮脂、お菓子などの食べかす」などを餌としています。
つまり、私たちが生活している部屋はダニにとって最適な場所と言えるでしょう。

 

言えの中ならどこでもいいともいえますね。
カーペットや畳、ぬいぐるみ、ペット、布団などどこでもいます。
ちなみに、ダニの種類によっては共食いするものもいるようです。

 

人の生活環境はダニが住みやすい状態が整っていますので、一度すみついてしまうとどんどん繁殖していってしまいます。

 

ダニが繁殖するには食べ物や環境もそうですが、産卵する場所も必要です。
それはあまり変動がない静かなところがいいらしいですが、それは例えば、ソファや布団などだと言われています。

 

 

注意!増えやすい場所!

食べ物と環境のすべてが一番整っている場所がダニが一番多いところともいえます。
それはどこなのかというと、布団です。

 

温かくて湿度があって、大量の食べ物がある場所は布団なんです。
だから朝起きると痒くなっているということがあるんですね。

 

布団は皮脂やフケがつきやすいですし、汗もかくので湿度も高いです。
そして体温で温められますから、あったかい場所ですね。
一晩寝るだけでダニにとって最適な環境が整ってしまうわけですね。

 

それに滅多に洗濯したり掃除したりするものではありませんから、繁殖にも適しているのです。

 

ダニは普段布団の奥に潜んでいます。
布団は生地が厚いので一度住み着かれてしまうと、なかなか追い出すことができません。
だからこそ、きちんとした対策が必要になってくるのです。
では、どうすれば対策できるのでしょうか?

 

 

ダニは低温と乾燥に弱い

ダニが活発になる温度は20〜30度と言われています。
これよりも低くなると繁殖も鈍くなるようです。
ただ、生命力が強いので、この状態が続いたとしても死滅することはありません。
活動が弱くなるだけなんです。
この状態を維持できればいいのですが、季節の変動などもあり、ずっと続けることはできません。
根本的にダニ対策するには他の方法が必要になります。

 

 

掃除機で吸い取ることはできる?

ダニ対策の一つとして、掃除機を使うという方法があります。
布団の表面などに掃除機をかけるわけですが、ダニは生地の奥に潜っていますので、大きな効果は期待できません。
ですが、表面のダニならある程度吸い取ることができるでしょう。
全てのダニを駆除できませんが、一定の効果はあると思います。
ですが、夜になると奥からダニが出てきますので、本当に一時的な効果で終わってしまいます。

 

 

効果の高い方法はないの?

吸い取れないダニはどうすればいいのでしょうか?
ここでもう一つ方法があります。
それは温度を高くするということです。
ダニは50度になると死んでしまうと言われています。

 

そこで使えるのが布団乾燥機です。
布団の温度が50度くらいなら30分程度で、60度なら数分で死滅すると言われています。
この方法でも一部のダニは熱の届かないところまで逃げてしまうかもしれませんが、大部分のダニをやっつけることができます。

 

死滅させただけでは死骸が残ってしまい、これがアレルギーの原因となりますので、布団乾燥機を使った後も掃除機をかけるなどして対策しておきましょう。

 

 

布団乾燥機の注意点

布団によっては高温にすることで傷んでしまうものもあるかもしれません。
布団乾燥機を使うときはご注意ください。
高温にするなら他にも、天日干しという方法があります。

 

布団の種類をみて実践されてくださいね。

 

また、こうした方法でなくともダニを減らす方法があります。

 

 

ダニピタ君がおすすめ

ダニピタ君は今話題のダニ対策シートです。
殺虫剤も熱も使わずにダニを減らすことができますよ。
ダニを誘い出して粘着シートで動けなくしてしまいます。

 

掃除機や布団乾燥機で対策した後にシートを置いておけば、ダニの少ない状態を長く維持することもできるでしょう。
詳しくは当サイトでもご紹介していますので、よければご覧になってみてくださいね。

 

TOPへ戻る

関連ページ

ダニの悩みに
ダニには本当に悩まされますよね。 落ち着いて寝ることもできません。 ダニ対策をさらに深く掘り下げてご紹介します。