ダニピタ君ダニ対策

一般的にやりがちなダニ対策のデメリットとは?

ダニ対策デメリット

 

 

一般の家庭でダニ対策をする際に実施しているのが「布団を天日に干す」「燻煙式の殺虫剤やダニ殺虫スプレーを使用する」「掃除機で吸い取る」だと思います。
しかし、一生懸命に手間と暇をかけてダニ退治を行っても、実際にはそれでは夜行性のダニの性質に直結しておらず全くダニ対策になっていない事が多いのです。
ダニピタ君はシートタイプの誘引剤なので、ダニをおびき寄せて生きたまま捕まえることができるので、アレルギーの元である死骸が残ってしまう事もなく確実に効果を実感することができるのです。

 

 

一般的な対策が何故デメリットになるのか?

 

布団を天日に干す

ダニは約50度の熱で死滅します。天日に干すことで、布団の表面が50度近くになるので効果があると思ってしまいますが、明るい場所でダニは布団の奥深くに潜り込んでしまうので天日干しをしたとしても、ほとんど効果がありません。
そして、干した際に布団を叩くと死骸などが取れると思っていても布団上で拡散されるだけでダニ対策にはなっていないのです。

 

燻煙式の殺虫剤やダニ殺虫スプレーを使用する

直接効果が出そうなのが、この殺虫剤によるダニ対策だと思います。
しかし、ダニは夜行性であるため日中に殺虫剤を撒いても、ダニにとって安全な場所に隠れているので、殺虫剤が直接ダニには届かず十分に効果を得ることができません。
更に、仮にダニを死滅させたとしてもその死骸がハウスダストとなってしまうので、肌の弱い方や赤ちゃんなどに影響を与えてしまう結果になります。

 

掃除機で吸い取る

掃除機で吸い取る方法は一般的なダニ対策で、死骸や布団やカーペットの表面にいる生きたダニを吸い取ることで効果が得られます。この中で一番効果がある方法だと言えます。
しかし、実際は布団やカーペットの奥に居るダニは、生地の繊維に脚が絡みついて吸い込まれないように必死でしがみついているため掃除機の吸引力だけでは、完全には吸い取り切れないのです。

 

ダニピタ君はダニの性質にぴったり!

ダニピタ君なら、ダニの性質に直結しているのです!
この様に通常のダニ対策では私たちが思っていた以上に、意外と効果がなかったということがわかります。
しぶといからこそ、その性質に合った対策が大事になってきます。
簡単に除去できない気になる場所にダニピタ君を置くだけで、ダニが活動を始める夜中にシートから香る誘引剤がダニをおびき寄せて生きたまま捕まえるから、今までのようにダニ退治に手間や時間をかけなくても十分にその効果を発揮することができるのです。

 

>>ダニピタ君の詳細はこちら

 

TOPへ戻る

関連ページ

ダニピタ君を使用した口コミ
口コミで人気のダニピタ君を使用し始めてから、ダニが減ったと実感する声が多数!しかも、人気がある口コミは即効性だけではなかった!
ダニピタ君はどうしてダニに効果があるの?
ダニピタ君に効果がある理由は、徹底的に研究されたダニを捕まえるために考えられた仕組みと、安全に使用できる為の配慮だったのです!
ダニピタ君の販売店
ダニピタ君の販売店情報について詳しくまとめました。 基本的には販売店などはなく、通販で購入する形になります。 通販情報を詳しくお伝えしますね。
ダニアレルギーとアレルゲンのこと
皮膚が痒かったり、風邪でもないのに鼻水や咳が出ていたらダニが症状の原因のアレルゲンになっているかも!思い当たることありませんか?