ダニピタ君効果

ダニピタ君で可能になった簡単で効果的なダニ対策

 

「朝起きたら体中がかゆい」「肌に赤いブツブツが」「部屋の中にいると咳やくしゃみが止まらない」

 

このような悩みはございませんか?
もしかしたらこの症状は「ダニ」が原因の可能性があります。

 

お部屋のダニ対策をすると、症状が和らぐかもしれません。
ダニ対策するなら「ダニピタ君」が手間なく簡単で効果的だと人気になっているんですよ。
ダニピタ君の効果についてご紹介します。

 

 

>>ダニピタ君を早速見てみる

 

 

手軽に効果を得るならダニピタ君がいい?

ダニピタ君のメリットはなんといっても、手間がかからないということでしょう。
シートを気になるところに置いておくだけで、対策は完了です。

 

あとはダニのほうからシートに入り込んでいってくれます。
3ヵ月ほど効果が持続しますので、その間は何もする必要はありません。
置いておくだけでずっと対策しつづけられるのです。
この手間の少なさがダニピタ君が選ばれている理由でしょう。

 

 

3ヵ月間効果を発揮し続けてくれるダニピタ君はどんな仕組み?

置いておくだけでダニを減らしていけるといのは、どういうことなのでしょうか?

 

殺虫剤も使われていないのになぜ?
シートを置くとダニはどうなるの?

 

ダニピタ君はどのような仕組みでダニ対策するのか、詳しくご紹介しましょう。

 

 

ダニピタ君の効果の仕組み

ダニピタ君の特徴はダニを殺さずに対策できることでしょう。
ダニをおびき寄せて捕まえて、逃がしません。
使用期限が来たらダニピタ君丸ごとゴミ箱にポイで対策できるんです。

 

ダニピタ君は3つのステップでダニ対策できます。

 

 

ダニピタ君効果

 

 

1、吸引剤でダニをおびき寄せます。

この吸引剤は食品添加物としても認められている香料を使っていますので、体に害はありません。

 

2、ダニが集まりやすい構造になっています。

綿パイル生地というダニが好む 生地を使っていますので、ダニは居心地がよくてなかなか離れようとしません。

 

3、粘着シートでとらえます。

中心部は強力な粘着シートになっていて、くっついたダニは離れることができません。これでもう動けなくなってしまいます。

 

 

効果は大体3ヵ月くらいになります。
シートごと捨てるだけで対策は完了です。
使用期間中は特に何もすることがありませんので、手間がなく簡単にダニ対策ができるんですね。

 

シートタイプでダニをとらえることのメリット

殺虫剤や布団を干すという対策法との違いは、死骸やフンを残さないということでしょう。
ダニを1か所に集めることで、フンをあちこちに散らかさないですし、その辺で死骸になることもありません。
フンや死骸はアレルゲンとなるものなので、あちこちに散らさないことでアレルギー対策にもなります。

 

 

>>ダニピタ君の詳細はこちら

 

 

ダニはどれくらい集まるの?

吸引剤で集まると言っても、ダニは目に見えないですし、どれくらい効果があるのか実感しにくいですよね。
効果は体感でしか判断できないのも、購入する側として不安です。

 

ダニピタ君は安心して購入していただけるように、第三者機関に依頼した捕獲データを公開しています。

 

それがこちらです。

 

 

ダニピタ君ダニの数

 

 

みて頂くとお分かりいただける通り、かなりの数を捕獲できています。
周辺のダニが集まるだけでも何千、何万匹にもなるんですね。

 

圧巻なのは日本環境衛生センターが調べた際の「15,690匹」です。
これだけのダニが部屋にいるとしたら、刺されたりアレルギーが出たりするのも納得です。

 

これだけの数が周りにいるのも気持ち悪いことですが、子供の周りにもこれだけいると考えると、もう部屋にも入れたくなくなりますよね。

 

 

 

梅雨はダニが繁殖しやすい

ダニは年中周りにいるものでしょうが、特に増えやすくなるのが、梅雨から真夏(6月〜8月頃)にかけてです。
気温が高く、汗や湿気の多い環境はダニにとって都合がよく、繁殖力も高まるようです。
そんな状態でダニ対策を何もしていないと、どんどん家中に何千、何万というダニが増えていってしまいます。

 

 

いつものダニ対策だと効果がないの?

通常のダニ対策と言えば晴れた日に布団を干したり、家中に掃除機をこまめにかけたり、日中にダニ用殺虫剤を使ったりして対策していると思います。
ですが、期待するほど効果を実感できていますか?

 

どこの家庭でも、忙しい合間をぬって時間と手間をかけてダニ対策をしているのに思った程効果が現れていない!という方は多いようです。

 

 

効果が薄いダニ対策

一生懸命ダニ対策をしても効果がないのはなぜでしょう?
一般的に行われているダニ対策の効果が薄いのはこんな理由があるようです。

 

掃除機をかける

カーペットや布団に掃除機をかけてダニを吸い取るという方法があります。
この方法だと表面のダニしか吸い取れません。
カーペットなどはまだ吸い取れると思いますが、布団などの分厚い生地だと中に入り込んでいるダニは複雑に引っかかっていて、なかなか吸い出せません。
表面にしか効果がなく、夜になると布団の奥からダニが出てきますので、大きな効果はありません。

 

 

布団を干す

掃除機と同様、表面にしか効果がないです。
ダニは奥の方に逃げてしまいますので、日もあたりませんし、十分に熱も通りません。
結果、夜になると奥の方からでてきて、ダニの被害にあってしまいます。
また、干したときのデメリットは表面で死んでしまったダニが死骸として残ってしまうことです。
結局アレルゲンとして残るので意味がありません。
それを防ぐには干した後の布団に掃除機をかけることですが、干した後に掃除機をかけるという2度手間が必要になります。
時間がある時はいいですが、こまめにするのは大変ですよね。
ダニはすぐに繁殖してしまいますから、継続していくにも大変な方法です。

 

 

殺虫剤を使う

燻煙タイプの殺虫剤がありますが、これも今までの対策法と同じで置くにいるダニにはほとんど届きません。
そして表面にはダニの死骸が残ったままです。
後は布団を干したときと同じ展開です。
掃除機をかけなければ、アレルギーの方は辛いでしょう。

 

そしてもう一つ燻煙タイプはデメリットがあります。
それは、毒性のない薬剤はないということです。
商品化されているのですから、正しく使えば健康を害することはないのかもしれませんが、本気で信じられるでしょうか?
小さいお子さんがいたりすると、もしかしたら体に良くないかもしれないと思ってしまいますよね。
できれば使わないで対策したいものです。

 

 

ダニは夜行性なので、日中はほとんどが奥の方に戻っています。
それもあって、普通のダニ対策ではなかなか効果がないようなのです。
夜ダニが活発に動き回る時間帯でも有効だからこそ、ダニピタ君のようなシートタイプは効果があるのでしょう。

 

 

だからダニピタ君が選ばれている

ダニピタ君は簡単に手間をかけず、殺虫成分も使っていないダニ対策商品です。
手間なく安心して使えるというのが何よりの特徴です。
一度敷いたらほったらかしでいいのが嬉しいですよね。

 

ダニに刺されて悩まされていた家庭の94%が、使用から1週間後にはダニ対策の効果を実感しているとのことなので、実績もあります。

 

口コミによって人気になっているダニピタ君ですが、薬局やドラッグストアでの販売はされておらず通販のみでの販売となっています。
特に、公式通販はお得な情報がたくさん有って本当にオススメです!
ダニに悩まされない快適な生活始めませんか?

 

>>ダニピタ君の詳細はこちら